TOP > 新型iPhoneの容量について

新型iPhoneの容量について

昨年は発売以来初めて前年比の売上が世界各国で減少したiPhoneですが、それでも毎年9月になると世界中が最新機器の発表を今か今かと待ち焦がれる時期となります。
様々な噂が流れては消える状況も後を絶ちませんが、それに伴ってユニークなWEBを閲覧することも可能となり、様々な楽しみ方が可能です。
最新のiPhoneで注目されているポイントについて、新機種の容量の動向があります。

iPhone7の機種変更の情報はこちらです。

ここ数年の傾向を見ると、16G・64G・128Gという3タイプが発売されています。

この中で16Gが廃止され32Gが復活するのではないかとの噂が非常に多く流れています。
これは、写真や動画の最低容量が年々大きくなっていることから16Gではすぐに容量オーバーになってします可能性があるためと考えられます。

最新のiPhoneでは4Kの写真・動画への対応が予想されることから、最低でも32Gが必要となるためです。



その一方で、日本人にとってはここ数年の円安による端末代金の高騰が非常に気になる所です。

特に格安SIMを利用してiPhoneを購入しようと考えている人は注意が必要です。



国内大手キャリアが販売するiPhoneは、顧客獲得のためにある程度の値下げを行って実際の端末代金よりも安く購入出来ます。しかしこうしたキャリアは契約期間に2年の縛りがあるなど欠点があることも事実です。ユーザーはこうした状況を踏まえて、自分が利用する傾向も踏まえて新機種の購入を考慮する必要があります。